浮気の相談前に考えたいこと

 

日本で浮気といえば、あまりよい行いではないとされていますが、だからと言って浮気行為が減少するかといえばそうではないようです。

 

浮気相談の件数やその中に公式に記録されないものまで含めて浮気というのは日本中で生じています。

 

もちろん浮気の定義が明確でないため、相手が浮気をしていると思えばそれが浮気と認定されるのです。

 

発見するためには、普段からちょっとした変化にも気づく必要があります、

 

夫婦の場合の浮気で不貞行為と民放で言われる場合の浮気は、彼氏彼女の関係とは若干ニュアンスが異なります。

 

まず法律的に夫婦の肉体関係を含んだ浮気が禁止されているのはご存じのとおりだと思います。

 

刑罰にはなっていませんが、民法であいてに慰謝料を請求したり離婚の重大な事由として成立したいと言ったこともあります。
日本以外の他の国では浮気をした場合に刑事罰が科せられたり重罪となることもあります。

 

逆に浮気どころか一夫多妻制が成立している民族があることなど、素の文化や歴史的な背景が浮気というものには大きな影響を与えていることがわかるのです。

 

これを貞操観念とも四bんだりしますが、なにが行けなくてどこまでなら良いのかというのはモラル的な枠にはまる問題ではないということなのです。