やっぱり包茎はいいことなし

私は包茎で悩んでいます。

 

包茎というのは通常の状態に比べてすぐに射精したいと感じてしまいますし、女性の方に積極的になれないという問題もあります。
何よりも射精によって皮に炎症が行ってしまい、数日痛みを抱えてしまうことが問題となっています。
私はこの問題で結構悩むようになり、場合によっては数日くらい痛みを抱えながら生活しなければなりません。

 

また包茎の状態というのは刺激に弱いために、長い間性行為をすることができません。
向けている方はしっかりと刺激に耐えられるようになっていますが、包茎の私は少しの刺激でも凄く感じてしまい、ちょっと擦っただけで射精をしてしまうのです。
そのため包茎を辞めたいという気持ちが強いのですが、包茎治療にかかる費用が相当高いので悩んでいます。

 

包茎と言っても仮性包茎なので、剥いた状態で生活できないこともありません。
ただ放置していると皮が戻ってしまうことも多いですし、勃起すると縮んだ時に弾みで戻ってしまうことが多いです。
従って仮性包茎というのはある意味生活のしにくい状態であり、改善しようと思ってもなかなかできません。

 

最近は皮を広げて包茎を治すことが出来るものや、リングを付けて包茎の状態を改善できる物もあるそうです。
ただ手術より楽な方法は無いという話も聞いているため、現在は包茎手術をする方向で考えています。
近くに有名なクリニックが無いため、何処で行えばいいのかも慎重に考えなければなりませんね。